手軽に摂る

すっぽんってどんな生き物?

私たちは毎日の食事から必要な栄養素を摂取しています。
食事のバランスが悪く栄養不足になる人もいます。
また十分な食事をとっていても疲労やストレスから、体に負担になってしまうこともあります。

そこで体に多くの影響を与えてくれる、食べ物がいくつかあります。
その一つに有名なのが、すっぽんです。
すっぽんと聞くと影響か高く、滋養強壮に効果がある食べ物として多くの人に知られています。
特にすっぽん料理といえば、すっぽん鍋が有名です。
日本では、高級品の一つとして扱われています。

そんなすっぽんはどのような生き物なのでしょうか。
すっぽんと聞くと、噛みついたら二度と離れないというイメージを持っている人が多いでしょう。
なので凶暴な生き物と思っている人が多いです。

しかし、本来のすっぽんは実はとても臆病な生き物だといわれています。
すっぽんは、人の気配などを感じたらすぐに水に潜ってかくれてしまいます。
臆病だからこそ、近づいてきた者に対して警戒心が強くすぐに噛みついてしまうのが特徴です。
一度噛みついたら、雷が鳴っても離さないと例えられるほどで、引き離そうとすると首を引っ込めてより強く噛みついてきます。
しかし意外なことに、噛みつかれたらすぐに水にすっぽんを戻すことで、すぐ噛むのをやめて逃げていきます。

すっぽんは、日本や中国、台湾、韓国など東南アジアに多く生息しています。
普通のカメとは違って甲羅の表面が柔らかくできているため、体重が軽いのが特徴です。
水中で長期間生活できるような体質をしていて、泥や砂などに潜ってかくれるように生活しています。
あまり陸地に上がることは少なく、陸地の動きはとても素早く動くことができます。

日本ですっぽんが食べられていた歴史は古く、縄文時代や弥生時代といわれています。
滋養強壮の効果があり、たんぱく質でも脂肪分が少なくカロリーが低いのが特徴です。
すっぽんに含まれる栄養素の高さから、今では栄養ドリンクやサプリメントなどにもすっぽんエキスが配合されているものがとても多いです。

このページの先頭へ